都心にも近くて緑も多い、そんなおすすめの居住エリアはどこ?

都会的センスと自然が共生する町「田園調布」 意外にリーズナブルな物件も

2017年09月11日 12時24分

渋谷通勤圏でお勧めしたい居住エリアは「田園調布」です。東急東横線ですから、渋谷へは簡単に出られます。
というと「あまりに高級住宅地すぎて、リアリティがない」と思われてしまうかもしれません。確かに、東急東横線「田園調布駅」西口の「大田区田園調布3、4、5丁目」は、たびたびテレビにも取り上げられる東京随一、日本有数の高級住宅地です。
広大な一戸建て住宅しかないといってもいいくらいですから、なかなか手軽に住むというわけにはいかないでしょう。
しかし、駅の反対側、「田園調布1、2丁目」はがらりと雰囲気が違うんです。庶民的なお店もありますし、意外にリーズナブルな賃貸物件もあるんです。「田園調布駅」と、お隣の「多摩川駅」が最寄り駅になります。
駅名でもわかる通り、すぐ近くに一級河川の多摩川があり、広やかな河川敷が広がっています。また、エリア内には「宝来公園」「多摩川台公園」「せせらぎ公園」という、起伏に富んだ、自然豊かな公園もあります。つまり、田園調布エリアは大変に緑豊かな街でもあるのです。
渋谷方面から行くと、田園調布の1つ前の駅が、あの「自由が丘」ですから、休日のショッピングやグルメを楽しむにももってこい。ぶらぶら散歩で、田園調布から自由が丘へ出るのも、日常的にかんたんにできます。